コミュニティー系列の授業

あったかハートのやさしさ体験
コミュニティー系列のテーマは、「自分たちの街と、そこに住む人々についてもっとよく知ろう」です。
地域の人々や文化との出会いのある講座を用意しています。
福祉・保育・看護に関心を持つ生徒を対象にした「福祉系」の講座では、福祉施設や保育所や病院などの現場へ、実習に行きます。
自分で計画するボランティアなどへの参加も応援しています。
そういう体験の中で人間的なやさしさ、コミュニケーションの力、そして行動力を養います。
地域の歴史・文化・産業に興味のある生徒に対して開かれた「地域系」の講座では、大阪という地域にこだわり、その文化・芸能の研究や地域の暮らしにも目を向けていきます。

一年次・選択科目

コミュニティー講座I
年間指導計画
社会福祉(子ども、高齢者、障がい者)の問題について、学習をしていきます。
同時に、「協力し合う」、「意見を述べ合う」、「他人を思いやる」といったトレーニングをし、保育・福祉の仕事の基礎となる力を養っていきます。

カウンセリング講座
年間指導計画
カウンセリング(人の話を聴くことによる援助方法)の考え方と技術を学び、それを日常生活や将来の仕事に活かしたいと考える人のための講座です。
「仲間と協力する」「自分を見つめる」等のグループワークを中心に構成されています。カウンセラーとクライエントに分かれて「話す」「聴く」の実習を行います。

看護入門
●年間指導計画
医学についての知識を学び、看護師としての基本的な心構えや、看護技術についても学びます。

二年次・選択科目

子どもと絵本講座
年間指導計画
将来子どもと関わっていきたい人を対象に絵本を楽しむことと、子どもに読みきかせることを通じて、子どもをとりまく状況や感性・発達といったことも考えていく。
絵本やおもちゃの作成、幼稚園実習も行う。

児童文化研究
年間指導計画
児童文化財に関する知識と技術の習得を目指す。
製作や表現活動を通し、積極的に子どもと関わることのできる能力や態度を養う。
また児童と触れ合う機会として小学校実習を行なう。

河内古代史
年間指導計画
自分の住んでいる街について知っていますか?いつ頃から人が住み着き、どんな歴史をたどって、今あなたが暮らしているのか、知っていますか。
この授業では主に古代(人類の誕生~平安時代)を学習します。

看護講座I
年間指導計画
看護、介護に携わる者として必要な専門知識と基礎技術を学びます。
実習は看護者役,患者役にわかれて行ないます。
内容は、ベットメイキングなどの環境整備、日常生活の援助などです。

ソーシャルケアセミナー
年間指導計画
「利用者の側から見た福祉」という視点で、おもに高齢者問題と障害者問題について学習します。
施設や病院の訪問や見学、利用者の方々との交流などを通して、現在の社会福祉の問題を現場の実態から学び、理解を深めていきます。

社会福祉概論
年間指導計画
社会福祉全般に関する基礎的な知識を習得し、社会福祉活動を行うために必要な能力と態度を育てます。
例えば、社会福祉の考え方、低所得者の福祉、障がい者(児)の福祉、高齢者の福祉、子どもの福祉などの理論を学習します。

コミュニティー講座II
年間指導計画
子育てと子どもの遊びの重要性を学び、虐待、里親制度を学ぶことで「子育てとは自分育て」であることを学ぶ。
また、障がいのある子どもへの支援について学び、実際に小学校での実習を行う。

手話講座
年間指導計画
手話で身近な単語や指文字、日常会話を学びます。
表現力を高めるためにビデオ撮影による表現の確認やテストを実施します。
手話習得のほかにも、聴覚障がいのある方の生活や手話に対する思いを学び、理解を深めます。

上方漫才研究
年間指導計画
上方漫才史を中心に上方漫才について学習し通して、地域文化や笑いの文化への理解を深めます。
ビデオやCDで古典から現代までの上方漫才を鑑賞し、鑑賞記録を作成します。
台本作成や創作表現(発表)などの創作実習も行います。

三年次・選択科目

くらしの法律知識
年間指導計画
日々暮らす中でも、また社会に出ても、法律を知っているかどうかは、人生をときに大きく左右します。
生きていくなかで出会うさまざまな出来事(売買、契約、事故、結婚など)やその扱い方をわかりやすく解説します。

発達と保育
年間指導計画
乳幼児の発達の特徴、乳幼児の生活と保育などに関するより専門的な知識と技術を習得し、健全な発育、発達を促す生活について理解する。
また、乳幼児と触れ合う機会として保育所実習を行う。

和服を知る
年間指導計画
浴衣の制作を行う。すべて手縫いであるため、第4ターム途中に完成予定。
根気の要る作業です。

フードデザイン
年間指導計画
おいしく健康的なだけでなく、楽しい食生活を実現するためにさまざまな角度から「食」について考える。
栄養素のはたらき、食品の特徴など、やや専門的な知識を身につける。

看護基礎医学
年間指導計画
1年次の看護入門に引き続き解剖学を学び、応用していく。
また、薬理学、病理学の基本的な知識も学び、病気の成り立ち、生と死についても考える。

看護講座II
年間指導計画
看護講座Iで学んだことをもとに、応用していく。
より専門的な知識を学び、看護、介護に関する視野を広げていく。
実習内容も看護講座Iより専門的になる。

教養健康科学
年間指導計画
日常生活に基づく、健康に関わる様々な諸問題を医学の観点から考え知識を深める。
健康問題における具体的な例を示し、日々の暮らしに生かせる知識を増やす。

ケースワーク講座
年間指導計画
専門職や一個人として地域や家庭での福祉援助活動に必要な知識や技術を習得します。
講義だけでなく、援助を必要としている方の事例を参考にして、気持ちを理解したり解決方法を探ったりする演習や福祉施設で援助に関する実習を行います。

カウンセリング実習
年間指導計画
カウンセリングの理論、技術を身につけます。
例えば、いろいろなワークとそのふりかえりを通して、自分や他人を知り、自分や他人を受け入れることを学びます。
将来、仕事としてカウンセリングの技術を必要とする人に適しています。

介護講座
年間指導計画
介護とは何かを理解します。
具体的には、介護の目的、介護の機能や基本原則、対象者(高齢者や障がい児・障がい者)の理解、介護者としての基本的態度などを学習します。
関連項目として介護に必要な医学知識や福祉機器についてもふれます。

介護技術
年間指導計画
実習を通じて、基本的な介護技術を習得します。
例えば、体位変換、移動、衣類着脱、入浴、清拭や清潔、排泄、食事などの介護やベッドメイキングなどの実習をします。
また、利用者と信頼しあえる人間関係を築く能力もあわせて養います。

Copyright(C) Matsubara High School. All Rights Reserved.