松原高校の特色ある活動

仲間の会

自立支援生徒(各学年3名)や障がいのある生徒がよりよい学校生活をおくれるよう、ともに考え行動する自主活動の集団です。
生活を共にする中で、仲間としてお互いを尊重し、支えあう関係をめざします。
ボランティアや合宿、学習会などの活動をしています。
●仲間の会紹介ページ

ピアカウンセラー

ピアとは、仲間、同僚、対等者という意味で、同じ状況、経験を共有する立場で1年生がよりよい学校生活を送れるよう相談にのったり支援する2、3年生のリーダーです。
生徒が生徒を育て、相互に成長していくピアエデュケーションの考え方に基づく活動で、2004年からスタートしています。
●ピアカウンセラー紹介ページ

るるくめいと

1999年、松原保健所主催「性とエイズを考える"るるく講座"」から生まれたHIV/エイズの予防、啓発に関する出前授業を行う生徒集団です。
「産業社会と人間」、「看護基礎医学」でエイズについて学習した生徒が、るるく講座に参加して若者が若者へ伝え、学び合う取り組みです。
"るるく"の名前は、「知る、考える、動く」のコンセプトに由来しています。
小、中、高、保健所をはじめ、様々な場所に出向いて、年間かなりの出前授業を行っています。
るるくマネージャー(教員)が、生徒たちの指導、渉外にあたっています。
●るるくめいと紹介ページ
Copyright(C) Matsubara High School. All Rights Reserved.