ヒロシマで高校生たちと交流(ピースワーク2019)

7月20日から3日間、本校生徒16名と教員4名で広島を訪れ、被爆者の方々からの聞き取り、平和に取り組む高校生との交流、原爆老人ホームの慰問を行いました。ここ数年交流をお願いしている広島市立舟入高校演劇部からは被爆者で原爆供養塔の清掃を続けられた佐伯敏子さんの劇を見せていただきました。佐伯敏子さんについては大阪で取り組まれた学校も多く、熱演する高校生から本校生徒も多くを学びました。また「原爆の絵」に取り組んで12年になる広島市立基町高校の創造表現コースの生徒が被爆者の方々から聞き取りながら描いた絵にも改めて感動しました。関係のみなさまに感謝申し上げます。なお、基町高校の「原爆の絵」については、8月3日(再放送8日)ETV特集(Eテレ)、8月4日NNNドキュメントで放映されました。8月9日~11日すばるホール(富田林市)でも展示されます。

 

一覧に戻る
Copyright(C) Matsubara High School. All Rights Reserved.